傘鉾の組み立て、今年は紺屋町の猩々にお邪魔

組立ての40行程がマニュアル化されており継承が進んでいるのを感じました

この後本町アーケードに展示されます