11月1日の注連卸しが妙見祭の始まりではありますが、それ以前より祭りに関して色々と準備は行われています
本日は神馬奉納団体の装束配布が行われました

同時にわらじの結び方の講習も

約1ヶ月の長丁場を一足のわらじでまかなうので、左右を履き変える等して最後まで保たせなければならないそうです