妙見祭のクライマックスは、1123日に行われる神幸行列です。神輿と神馬を中心に獅子舞、笠鉾、亀蛇、飾馬など40もの出し物が列をなし、塩屋八幡宮を朝730分に出発。本町アーケード、ハーモニーホール、八代駅前を通って、八代神社へ向かいます。昼前に八代神社に到着した行列は、昼休憩後、砥崎河原を通過し、演舞を披露します。

行列通過経路の各地点にてお待ちください。

 ○場所を決めてごらんになる場合の各地点の行列通過時間は下記のとおりです。

 塩屋八幡宮    730800    全行列

 本町アーケード  730830    全行列

 ハーモニーホール 830930    全行列

 八代駅前     9001130    全行列

 八代神社     11001300   全行列

 宮地小学校グラウンド 11001300 笠鉾等

 砥崎河原      12301500  全行列

 妙見中宮      14301500  神輿、神馬、獅子舞

 

○全出し物を通過経路のどこでも見ることができますが、とくにオススメの見どころは下記の通りです。

獅子舞を見る・・八代駅前900頃(子供獅子)、八代神社境内1115頃、

八代神社角1145頃、砥崎河原1230頃、妙見中宮1430頃、

札の辻1900

笠鉾を見る・・・ハーモニーホール830頃、宮地小学校グラウンド12001300

亀蛇を見る・・・通過経路のどこでも、砥崎河原1415

花奴を見る・・・八代駅前930頃(子供奴)、砥崎河原1310

馬追いを見る・・八代駅前1020頃、砥崎河原1430

神輿を見る・・・通過経路のどこでも

 

塩屋八幡宮、八代駅前周辺には駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。

ハーモニーホールの駐車場も限りがあります。

八代神社・砥崎河原周辺は交通規制により23日は車の進入ができません。県地域振興局駐車場及び球磨川スポーツ公園駐車場からシャトルバスを運行しますのでご利用ください。(片道100円)

 

また、前日の22日には、本町アーケード一帯で、御夜(ごや)と呼ばれる前夜祭が行われ、各出し物を間近に見ることができ、祭りを保存してきた保存会の人々と触れ合うことができます。前泊して翌日朝からお祭りを見学されると、よりいっそう妙見祭を楽しんでいただけます。